2019年自分マニフェスト

最終更新: 2019年2月19日




遅くなりましたが

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。



RyotaxBLOG、りょたっくすです。



あけおめことよろです♨



年越しは何してたかと言いますと例年通り作業してましたので、今年もサラッと明けちゃってた感じです。






タッキー&翼を見納め出来なかったのが若干の後悔ですが、始まりがあったら終わりがありますもんね。




でも終わりがあるということは始まりがあります。




それこそタッキー&翼の滝沢さんは、大晦日がテレビでよく観る滝沢さんの「最後」でしたが、「最後」を迎えた瞬間に新たな歴史の「始まり」を迎えています。





一つの歴史が終わったのに、自然の法則は惜しむ事なく次に進む。時に残酷なほどシンプル。







あれ。






もしかして新年1発目から話脱線してるかも。



また読み手の皆さん置き去りにしちゃってるかも。






最近、やれ宇宙だのやれ自然の法則だの急にそういう話になる傾向があるのが悩み。






分かりやすく人に伝えていけるようになろうと思います。










そろそろ本編いきましょう






実は僕、毎年1月12日から1年間何かを禁止して生活する「1年間◯◯縛り生活」を高校3年の1月12日から行なっています。(センター試験間近に何やってんねん)







1年目はジュース類。(このおかげでコーヒー大好きになった。)




翌年はスーパーとコンビニのお菓子レーンに売ってる商品。(ポテチ1年間食わなかったけど平気だった。ただヤ◯ヤ◯つけ棒食えないのはキツかった)





はい。




というわけで今年もやります1年間◯◯縛り生活。





まずはやり始めるきっかけや意味から説明していきます。




れっつらごー。






僕ね、パルクールより長い時間ずっと好きなものがあるんですよ。






年単位で数えると何と今年で10年目。






小3の時に出会ってから1秒たりとも冷めた事がないもの。





ロックバンドのUVERworldです。




apple musicの8割はUVERworld。CDもかなりの枚数持っている。




ファンクラブも高校受験、大学受験期を除いてずっと入ってます。だから3回以上入り直してます。




ライブももう何回も行ってるし、兎に角自分以上に大切なものの一つ。

彼らの音楽に何万回も救われてきました。




去年行ったライブ。ちゃんと撮影許可降りてます。







僕が愛用してる靴の紐も実はよく見るとUVERworldのグッズだったりします。





vans × UVERworld



そして僕の部屋もこんなん。



壁一面にUVERworldのポスター



で、今日はUVERworldのボーカルのTAKUYA∞君を少し紹介しながら話していきます。

(また後日UVERworldの記事書きたいなぁ。)





熱狂的な熱さで知られるUVERworld。






まず、TAKUYA∞君は街中で出逢ったファンと仲良くなって友達になる事がしばしば。





少し前は街中で出会った男性ファン数人と共同生活したとか。









そして、めっちゃ熱い。






楽曲と向き合う為に毎日、毎日ですよ?ライブあっても雨の日でも毎日10kmを50分以内で走っています。


https://www.google.co.jp/amp/s/amp.redbull.com/jp-ja/running-column-takuya








それは鍛える為ではなく、ただひたむきに自分と向き合い、好きな事=音楽に捧げる時間だったり、反省するためだったり、自分を見つめ直すためだったり。







ただ走る為じゃなくて、自分と対話するのにとって必要で大事な時間だそう。








そしてTAKUYA∞君は音楽の為にという理由で、カフェイン、アルコール、乳製品、小麦粉、摂取するのをやめました。






それ凄くないですか?

コーヒーも飲めなきゃパンとかも食べれないんですよ。









全部音楽の為。










もっと素敵なところは沢山あるし、他のメンバーも最高なので全部伝えたいのですがそれはまた今度、僕の話に戻りますね。








僕はそういう大人を見て育ってきました。





ライブも何回も行きました。






ライブ見ては心が震えて「最高だよ!」って涙流しながら叫んで。







UVERworldを聴いて育ったからこそ今僕はここでブログを書けています。










そしていつしか本気で思うようになってきました。









何度も口にしている

誰かの希望となる人になりたい。









実はこの文、頭に隠れた文がありまして、全文書くと、








誰かに勇気や希望を貰う側で居続けるのではなく、UVERworldと同じ様に


(誰かの希望となる人になりたい)」







そしていつしか本気で「UVERworldと必ず会って、ありがとうを言いたい。そして何かを一緒にクリエイトしたい」と想う様になりました。










でも。








TAKUYA∞君は好きな事の為に生活の一部を捧げています。口だけじゃなくて、行動で示してるんです。








今の僕が、偶然街中でTAKUYA∞君に遭遇したとして、胸張って話せんの?って。






確かに人生かけて熱中できそうな物も見つけたし、夢も見つけた。








でも間違いなく圧倒されるでしょう。理由は彼以上にストイックになれてないから。








そして会った時のイメージを何千回したところで、僕自身が納得して会えてる姿を想像できないから







結構僕「冗談だろ?笑」って思われるくらいデカイ口叩きまくるタイプなのですが、全部本気で言ってるんですね。





出逢えた時、胸張って会話してこのエネルギーを形にしたい。本気なんすよ。











だから僕も今年、









カフェインレス生活




お酒(年3日を除いて。これはTAKUYA∞くんと同じ条件)











始めます。


先ほども書きましたが一昨年から一年何かしらを絶って生活してきました。






2017年はジュース、2018年はコンビニとスーパーのお菓子レーンに置いてある物禁止。







結構何のためにやってるの?って聞かれる事多くて、その度に「なんとなく」って答えてたんですが、やっとハッキリとした理由が分かりました。





やり遂げられる「忍耐力」が欲しかった。

自分に甘い「自分」を変えたかった。









そして今年は、

「理想の自分に追いつきたいから。」







いつまでも理想のままじゃ寂しいので、


理想を現実にする事に決めました。








自分でもこの文章読み直して「こいつバカじゃねぇ?笑」って思います。








でも同時に、大嫌いな自分がほんの少しだけまた一歩踏み出せたのかも、とも思います。








自分自身を自分で認められる様な2019年に。






なりたい自分になれるのは自分だけですから。




強く在ります。







自分の世界を越える2019。




ノンカフェインな麦コーヒー


RYOTAX

パルクール/フリーランニングの指導、メディア出演、パフォーマンス、

パルクール演出、キャスティング、パルクールコースデザイン等の お問い合わせは

Copyright©monsterpk All Rights Reserved.